TOPページ  酒販店向けBacchus  酒販店向けDion  飲食店向けソフト  中元・お歳暮顧客管理
棚札作成(プライスカード)  浄化槽顧客管理  流通小売業向け
  POSシステム   レジスター  情報のページ  消耗品のページ  
東芝テック MA/FS-1955 設定に関して その1 

 ここでは、ヤフオクなどのオークションサイトで落札した1955シリーズの設定を行うという前提で、設定方法を解説します。
 条件的には、1955の1台(スタンド・アロン)でPOSを行う という前提です。
 
 ■設定ツールのダウンロード

  MA/FA−1955設定ツールのダウンロード

 設定ツールは自動解凍方式で圧縮しています。

 設定ツールの件に関してお問い合わせいただいても、ファームウェア大分のユーザーさん以外の質問にはお答えできません。
 
 
 先ず、レジスターの設定を行うときは、一番最初の設定開始の時に、レジスターのRAMクリアを行う必要があります。
 RAMクリアーとは、簡単に言うと、レジスターを工場出荷時点の設定内容に戻すことです。

 RAMクリアを行うには、Sキーが必要になります。 Sキーがない場合、MAキーで作ることが出来ます。
 
  
 ■設定の手順
 
  1)RAMクリア (1955本体でしか行えません)
  2)RAMアロケーションの設定 (1955本体でしか行えません)

  以下の設定は、1955本体&パソコンの設定ツールどちらでも設定は行えます。

  3)SFKCの設定
  4)バーコードフラグタイプの設定
  5)システム・オプションの設定
  6)部門・グループの設定(グループの設定を行わない場合は、省略可)
  7)部門(名称など)の設定
  8)PLU(JAN)の設定 (商品の設定)
  9)PLUキーの設定 (FS-1955のみ)
 10)時間帯の設定 (時間帯別売上が不必要な場合は、省略可)
 11)組み合わせレポートの設定
 12)店名・領収書の設定   
 13)責任者名の設定 (レシートなどに責任者名を印字しない場合は省略可)
 14)レポート印字項目の設定 (部門別割引・部門別値引きの印字が不必要な場合、設定)
 15)自動削除期間の設定
 
 
 ■RAMクリア

 1)レジスターの電源を切ります
 2)Sキーを精算の次の位置(ブラインドと言います。何も表示されていません)に回します。
 3)電源をONします
 4)Please Input Key と表示されます。
 5)MA−1955ならば 1 9 預/現計    FS−1955ならば 2 9 預/現計 
 6)EJバックアップメモリーのクリアする しない の表示が出るので、再度 預/現計 を押す

 RAMクリアが実行されます

 キーボードの設定が標準キーボードに設定され、テーブルクリアが実行されます。
 
 
  ■RAMアロケーションの設定

 RAMアロケーションとは、レジスター内のメモリーの割り付けと思ってください。
 RAMクリア実行後、Sキーの位置はそのままで、設定を行います。

  設定の方法
 
 
 ■SFKCの設定               1955SFKCコード表のダウンロード

 SFKCの設定とは、レジスターの取引ボタンの配列を決定する設定です。
 レジスター本体で、SFKC設定を行うにはRAMクリアを行った直後か、ステータスクリアを行った直後に行います。
 RAMクリアを行った後は、標準のSFKCが設定されます。

 例えば、標準のキー配列を変更しない場合でも、使用しない取引キーを閉鎖する際に設定を行います。
 (売り場に設置した後でも、SFKCでの取引キーや部門ボタン、フラットキーボードの設定変更は、何ら問題なく行えます。

 ●レジスター本体でのSFKC設定(通常は、ステータスクリア後、直ちに)
  
   7 6 預/現計  (SFKC設定の宣言です)

   SFKCコード番号(入力)  取引ボタン  SFKCコード番号(入力)  取引ボタン 

   預/現計      (終了宣言です)


 ●MA-1955標準キーボード
                 
 ●FS-1955標準キーボード
              

 上記2つの画像は、設定ツールのSFKC設定の画面をコピーしたものですが、設定ツールのデータを初期化しても、FS-1955の
 SFKCキーボードは上記のような内容にはなりません。

 1955をRAMクリアかけた際に、1955からパソコンの設定ツールにSFKCデータを取り込んだ方が、
 設定ツールでのSFKCの設定を行い易いでしょう。
 パソコンからレジスターにデータを流すことをDLL、レジスターからパソコンにデータを取り込むことをULLと言います。
  
 
 
 
 
戻 る