TOPページ 飲食店・惣菜店向け
ソフトウェア
酒屋・酒類販売店向け
ソフトウェア
東芝テックユーザー向け
ソフトウェア
スーパー・コンビニ向け
ソフトウェア
その他の業種向け
ソフトウェア
新着情報 レジスター販売 POSシステム
東芝テックユーザー向けソフト
ソフト名称 ソフトの概略
MA/FS-1855
MA−FS/1955
電子ジャーナル検索ツール

価格 21,000円(税込み)

       購入する

   詳細な説明はこちらから
■東芝テック製のソフトです。

■東芝テックのレジスターMA/FS−1955、MA/FS−1855用に使用できます。

■電子ジャーナル化していない場合、レジの精算時にその日一日分のレジの記録を印字してきますので、レジ精算がその分長くかかります。(税務署の許可なしに記録紙の印字を止めることは違法です。)

■レジスターからスマートメディアにジャーナル(記録紙)のデータをoutputし、そのデータをこの検索ツールに取り込むことにより、レジ側の記録紙の機能を停止させることが可能になります。

■レジロールの大幅な節約、記録紙の保管場所の確保が必要なくなります。

■レジロールの消費量とこのツールの価格を比較した場合、かなりの節約効果が期待できます。

■使用するには御社を管轄する税務署に申請書類を提出し、必ず税務署の許可を得る必要があります。

■申請から3ヵ月後に使用を開始することが出来ます。
MA/FS−1855
MA/FS−1955
棚札(プライスカード)作成ツール

   価格 5,250円(税込み)

      購入する


    詳細な説明はこちらから
   
■ファームウェア大分製です。

■棚札(プライスカード)を作成するには、大変な手間と時間がかかるものです。その省力化のためのツールです。

■東芝テックのレジスターMA/FS−1855、MA/FS−1955からスマートメディアを介して、PLU(JAN)データを読み取り、棚札を作成することが出来ます。

■レジで設定されたJANコード、商品名、部門、単価を読み取ります。

■読み取ったデータの商品名、単価の変更と、内容量・規格の追加ができます。

■POSレジには現在取り扱っていない商品のデータも残っているものですが、読み取ったデータの削除も出来ますので、用紙が無駄になりません。

■商品データも新規の追加が出来るようになっています。

■ゴンドラのプライスカード用の溝にぴったりと合うように専用紙(縦28o横64o)を用意しました。

■将来、消費税率が変更になる場合、プライスカードの作成に大変な手間と時間がかかります。
その時に必要になるソフトです。

■消費税が引き上げられた場合、MA/FS−1855、MA/FS−1955単価変更プログラムを用意いたします



TOPページ